JavaScriptの設定方法


Yahoo! JAPANでは、複数のサービスでJavaScriptを利用しています。
一部のサービスでは、お使いのブラウザーでJavaScriptの設定が無効になっていると、サービス内の機能が限定されたり、サービスそのものが利用できなかったりする場合があります。
以下の手順で、JavaScriptを有効に設定してからご利用ください。お使いのOSとブラウザーに該当する項目をクリックしてご覧ください。

【Windows】
【Macintosh】
【iOS/Android】

Windows版 Internet Explorer 11.x
  1. Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。
    ※メニューバーが表示されていない場合はキーボードの[Alt]キーを押すと表示されます。
  2. 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。
  3. [セキュリティ]をクリックします。
  4. 「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、[既定のレベル]ボタンを押します。
    ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されているので、手順5. に進みます。

    また、以下の方法でも可能です。
    (1) [レベルのカスタマイズ]ボタンを押して、「セキュリティの設定 - インターネットゾーン」を表示します。
    (2)「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]で、それぞれ[有効にする]を選択します。
    (3) [OK]ボタンを押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]ボタンを押します。
  5. [インターネットオプション]に戻るので、[OK]ボタンを押します。

Windows版 Microsoft Edge
  1. 画面右上の[…]をクリックします。
  2. 表示されるメニューから[設定]をクリックします。
  3. 左側のメニューから[Cookieとサイトのアクセス許可]をクリックします。
  4. 「サイトのアクセス許可」にある[JavaScript]をクリックします。
  5. 「サイトのアクセス許可 / JavaScript」設定にある[許可(推奨)]をオン(青い状態)にします。

Windows版 Mozilla Firefox

FirefoxのJavaScript 設定については、Firefoxのサポートページを参考にしてください。


Windows版 Google Chrome
  1. Google ChromeのツールバーのImage「設定」ボタン押します。
  2. 表示されるメニューから、[設定]クリックします。
  3. 「プライバシーとセキュリティ」の[サイトの設定]をクリックする。
  4. 「コンテンツ」の[JavaScript]をクリックする。
  5. [サイトがJavaScriptを使用できるようにする]を選択します。

Macintosh版 Safari
  1. メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]をクリックします。
  2. [セキュリティ]をクリックします。
  3. 「Webコンテンツ」で[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。


iOS版 Safari
  1. ホーム画面で[設定]を選択します。
  2. 「設定」ページで[Safari]を選択します。
  3. [詳細]を選択し「JavaScript」のスライダーを右に動かして[オン](緑の状態)にします。


Android版 Google Chrome
  1. ブラウザーのメニューからImage「設定」ボタンを選択します。
  2. 「サイトの設定」を選択します。
  3. 「JavaScript」を選択します。
  4. 「JavaScript」のスライダーを右に動かして[オン](青の状態)にします。